レジアプリで効率化

レジアプリを導入する前に、具体的にどんなことができるのかみてみよう

進化するタブレット型レジ

タブレット型のレジは年々進化しています。たくさんの機能がタブレット端末で利用可能なのです。必要な機能があるかどうか確認し、導入を検討してみましょう。

レジアプリで可能になること

店舗

顧客の基本情報を入力

顧客の基本情報からどんなシーンで利用したのかということまで、情報をその都度なるべく細かく入力することができます。この商品はカップルの購入確率が高いなどということまでわかるのです。

商品をタップするだけ

金額をわざわざ手打ちで入力しなくても、予め金額を設定しておけば、あとは商品をタップするだけで会計ができます。忙しい時に手打ちで会計するとミスが発生してしまうことがありますが、このシステムがあればそんな心配はないですね。

メニューの簡単追加

メニューなどが新しく追加された場合も、簡単に追加していくことができます。その時々で仕様を変えていく必要がないので、余計な時間が掛からなくていいですね。

複数台の同時利用可能

複数台のタブレットを同時利用可能なので、会計を待たせることがありません。また、タブレット端末を利用している従業員それぞれでデータをリアルタイムで共有することができます。

セルフレジへの利用

これから増えるであろうレジの形態として、タブレット端末でセルフ会計というものがあります。タブレットでレジアプリを利用して、顧客が自分でバーコートを読み取りクレジット会計などで支払いを済ませるのです。レジ担当が会計をする必要がないので、大変効率的なシステムだと注目を集めています。

レジアプリの機能や大阪の貸店舗情報について

店員

大阪で貸店舗を探す

大阪で新しくお店を始める際に、どのように店舗を選んでいけばいいのかポイントをいくつか記載しています。物件を探しているという人はぜひ読んでみて下さい。物件は主に貸店舗を紹介しているサイトで探してみるといいですよ。

READ MORE
店舗

レジアプリで可能になること

レジアプリで具体的に業務がどのように変わっていくのかに焦点を当てています。この記事を読んで、レジアプリの導入を検討してみて下さい。

READ MORE
広告募集中